空でもレカロ、LCCもレカロ ピーチが2019年から導入

航空 テクノロジー
レカロのマーク・ヒラーCEO(左から3人目)と関係者ら(ドイツ・ハンブルクで開催された「Aircraft interiors EXPO」にて)
  • レカロのマーク・ヒラーCEO(左から3人目)と関係者ら(ドイツ・ハンブルクで開催された「Aircraft interiors EXPO」にて)
  • ピーチが24号機より導入するレカロSL3510
ピーチアビエーションは12日、2019年に受領する航空機材から、レカロ・エアクラフトシーティング製の座席を採用すると発表した。

ピーチが受領する24機目(エアバスA320ceo、新造)より採用する座席は、高級車や多くの航空会社に座席を提供する世界的なシートメーカーであるレカロの「SL3510」モデルだ。

短距離路線エコノミークラス向け座席のSL3510は、背もたれが15度倒れた状態に固定されている、プレリクライニングデザインが特徴だ。ピーチによると、プレリクライニングシートを導入するLCCは、北東アジア地区ではピーチが初めてだという。スリムな座席構造により、足元スペースも拡大している。世界では既に12万席以上販売されている。

ピーチでは座席の採用にあたって、主要顧客層と同じ20~30歳代の女性従業員を中心メンバーとした、部門横断の機内座席選定プロジェクトチームを2017年4月に発足させた。座り心地や耐久性に加え、これまで搭乗した利用者の声などを総合的に評価し、SL3510の導入を決定したそうだ。

VWの新型コンパクト・クロスオーバーSUV『T-Roc』に設定されるカブリオレが、2020年4月にも…
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集