ヤマハ発動機、産業用ドローン YMR-08 を発売…無人ヘリに匹敵する薬剤散布性能

航空 企業動向
ヤマハ発動機 YMR-08
  • ヤマハ発動機 YMR-08
  • 二重反転ローター
ヤマハ発動機は、二重反転ローターにより優れた薬剤散布性能を発揮する産業用ドローン『YMR-08』を6月から限定発売する。

ヤマハ発動機は、無人ヘリによる薬剤散布事業で30年余の実績があり、現在では無人ヘリによる薬剤散布事業は年間延べ面積100万ヘクタールを超え、国内水稲作付面積の40%以上をカバー。一方で無人ヘリでは対応しにくい狭小圃場では手作業のほか、近年ドローンによる薬剤散布も拡大しつつある。

今回のYMR-08は、優れた薬剤散布性能に貢献する二重反転ローターと軽量カーボン製ボディにより、1回のフライトで1ヘクタールの連続散布と無人ヘリに匹敵する散布品質を実現する。また、安全性と作業性に配慮したバッテリーと新開発の軽量・高出力モーターや、衝撃の低減と破損時の飛散を防止するカーボン製ハイブリッドローターを装備。生命感が漂う2眼フェイスと電装系の冷却性を考慮したダブルエアーインテークデザインを採用する。

価格は275万4000円。限定販売開始により同社特約店等を通じて、水田等の圃場におけるヤマハドローンでの農薬散布作業が行われる予定。なお本格販売は今秋を予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集