日産×住友商事、日本初の使用済みEV用バッテリー再製品化専用工場を開業

エコカー EV
EV向け交換用再生電池(イメージ)
  • EV向け交換用再生電池(イメージ)
  • フォーアールエナジーの新工場
日産自動車と住友商事の合弁会社であるフォーアールエナジーは3月26日、電気自動車(EV)の使用済みリチウムイオンバッテリーの再製品化に特化した日本初の工場を福島県・浪江町に開所したと発表した。

世界の自動車市場におけるEVシフトは急速に進展。将来的なバッテリー材料市況の高騰などの経済的課題だけではなく、環境課題や社会課題の面からも、EVリユースバッテリーの利活用が注目されている。フォーアールエナジーは、使用済み車載用リチウムイオンバッテリーの有効活用に着目し、2010年に日産自動車と住友商事によって設立。以来、リチウムイオンバッテリーの再利用や再製品化のノウハウを蓄積してきた。

フォーアールエナジーは、使用済みバッテリーの性能を短時間で測定できる技術開発に成功。新工場では、同技術を活用し、全国から回収した使用済みバッテリーの再利用・再製品化ビジネスを開始する。新工場は、グローバルな開発拠点としての機能と製造拠点としての機能を持つ、国内初の再利用・再製品化拠点。世界初となるEV向け交換用再生電池などを製造、同電池は大型蓄電システムや電動フォークリフトなどに使用される予定だ。

なお新工場は、東日本大震災後に浪江町が整備している藤橋産業団地の第1号であり、地域経済再生や町の発展にも寄与していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集