レンタカーに1万台のコネクトカー導入へ トヨタとエイビスが提携

トヨタ自動車の北米子会社、トヨタ・コネクティッド・ノース・アメリカは3月12日、米レンタカー大手のエイビス・バジェット・グループと提携すると発表した。

自動車 テクノロジー ネット
エイビス・バジェット・グループの公式サイト
  • エイビス・バジェット・グループの公式サイト
トヨタ自動車の北米子会社、トヨタ・コネクティッド・ノース・アメリカは3月12日、米レンタカー大手のエイビス・バジェット・グループと提携すると発表した。

エイビス・バジェット・グループはトヨタ車1万台を米国で導入し、コネクティッドカー車両を拡大。トヨタのモビリティサービス・プラットフォームをエイビス・バジェット・グループが活用することで、レンタカー車両の運用効率を上げるとともに、より便利なレンタカー体験を顧客に提供することを目指す。

トヨタ車は、高度なソフトウェアとコネクティッドサービスからなるモビリティサービス・プラットフォームを活用。顧客のレンタカー体験を、より便利にしていく。

具体的には、モビリティサービス・プラットフォーム上のテレマティクスデータ「API」(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)により、顧客はオドメーターの表示値、燃料残量といった情報や、車両を探す際に手助けとなるようなリアルタイムのレンタカー情報を、エイビス・モバイルアプリを通じて受け取ることができる。

また、コネクティッドサービスにより、車両管理やデータ処理・保存の機能を向上させ、車両の貸し出しや返却手続き時間を短くすることができる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集