【WRC 第3戦】メキシコでのトヨタ勢は「困難な週末」に直面、最高8位…王者オジェが今季2勝目

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
#7 ラトバラはトヨタ勢最上位の8位でフィニッシュ。
  • #7 ラトバラはトヨタ勢最上位の8位でフィニッシュ。
  • #7 ヤリ-マティ・ラトバラ
  • トヨタの#9 ラッピは11位。
  • メキシコ戦を制したのはフィエスタを駆る#1 オジェ。
  • WRC第3戦メキシコの表彰式。
  • 2位の#6 ソルド(ヒュンダイ)。
  • 3位の#10 ミーク(シトロエン)。
  • 5位の#11 ローブ(シトロエン)。
世界ラリー選手権(WRC)第3戦が8~11日にメキシコで開催され、個人6連覇を目指す王者セバスチャン・オジェ(フォード・フィエスタWRC)が今季2勝目をあげた。「ヤリスWRC」で戦うトヨタ勢は苦闘、今回はヤリ-マティ・ラトバラの8位が最高だった。

今年最初のグラベル(非舗装路)戦メキシコ、トヨタ勢(TOYOTA GAZOO Racing WRT)は3台ともにトラブルやアクシデント等でリタイア~再出走という経緯を辿る展開になり、最終的には#7 ラトバラの8位が最高という結果にとどまった。#9 エサペッカ・ラッピは11位、#8 オット・タナクは14位(いずれもラリー終了時点の総合順位)。

ただ、最終日の3つのスペシャルステージ(SS=競技区間)ではいずれもトヨタ勢がトップタイムを記録しており、明るい材料も得られたようだ。チーム代表のトミ・マキネンは「ラリー序盤に技術的な問題が起こってしまったことは残念ですし、非常に困難な週末ではありましたが、ポジティブなかたちでラリーを締めくくることができました」と語り、次戦以降の反撃を見据えている。

メキシコ戦を制したのは2013~17年ドライバーズチャンピオンの#1 セバスチャン・オジェ(フォード・フィエスタWRC)。開幕戦以来の今季2勝目となった。2位は#6 ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)、3位は#10 クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)。トヨタ以外の3大チームが表彰台を分け合う結果となっている。

久々のWRC参戦となった2004~12年チャンピオン、#11 セバスチャン・ローブ(シトロエンC3 WRC)が一時首位に立つなど、衰えぬ技量とスピードを発揮したのもメキシコ戦のトピックだった。パンクがあるなどして最終結果は5位。ローブは次戦にも出場する予定だ。

次戦第4戦はフランスのコルシカ島が舞台のターマック(舗装路)戦「ツール・ド・コルス」。4月5~8日に開催される。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集