【F1 バルセロナテスト前期】プレシーズンテスト開幕、初日はレッドブルがトップ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2018 F1バルセロナテスト
  • 2018 F1バルセロナテスト
  • 2018 F1バルセロナテスト
  • 2018 F1バルセロナテスト
  • 2018 F1バルセロナテスト
  • 2018 F1バルセロナテスト
  • 2018 F1バルセロナテスト
  • 2018 F1バルセロナテスト
  • 2018 F1バルセロナテスト
2018年のF1プレシーズンテストが26日、スペインのバルセロナにあるカタロニアサーキットで開幕。初日のセッションはダニエル・リカルド(レッドブル)がトップタイムを記録した。

今年も開幕まで1カ月に迫ったF1世界選手権。2月に入って各チームが一斉に今シーズンのマシンを発表し、ここバルセロナには全10チームが揃った。

初日は午前中こそドライコンディションで行われたが、次第に天気が崩れていき、午後のセッション後半はウエットコンディションに。それでも、開幕までの数少ないテスト機会を逃すまいと各チームが走り込みを続けていた。

初日のトップタイムはダニエル・リカルド(レッドブル)。チームは、この日初めてシーズン用のカラーリングを公開。1日目から105周も走り込み、1分20秒179をマーク。昨年は先行を許したメルセデス、フェラーリ勢を抑える走りをみせた。2番手にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)で1分20秒349。3番手にはキミ・ライコネン(フェラーリ)が1分20秒506のベストタイムで続いた。

注目のトロロッソ・ホンダはブレンドン・ハートレーが初日の走行を担当。大きなトラブルもなく93周を走破し、1分22秒371。まずまずのスタートを切った。

一方、今年からルノーのパワーユニットにスイッチしたマクラーレンは、フェルナンド・アロンソがドライブするも、セッション開始早々に右リアタイヤが外れるアクシデントに見舞われ、赤旗中断の原因を作った。

2018F1バルセロナテスト(前半)1日目:結果
1.ダニエル・リカルド(レッドブル)/1分20秒179(105周)
2.バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分20秒349(58周)
3.キミ・ライコネン(フェラーリ)/1分20秒506(80周)
4.ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分20秒547(73周)
5.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)/1分21秒339(51周)
6.カルロス・サインツJr(ルノー)/1分22秒168(26周)
7.ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分22秒327(25周)
8.ブレンドン・ハートレー(トロロッソ)/1分22秒371(93周)
9.ランス・ストロール(ウィリアムズ)/1分22秒452(46周)
10.ロマン・グロージャン(ハース)/1分22秒578(55周)
11.マーカス・エリクソン(ザウバー)/1分23秒408(63周)
12.ニキータ・マツェピン(フォースインディア)/1分25秒628(22周)
13.セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)/1分44秒148(28周)
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集