MINIクロスオーバー、ブラック基調の限定モデル発売 日本初導入の2リットルターボ搭載

自動車 ニューモデル 新型車
MINI クーパーS クロスオーバー ブラックヒース
  • MINI クーパーS クロスオーバー ブラックヒース
  • MINI クーパーS クロスオーバー ブラックヒース
  • MINI クーパーS クロスオーバー ブラックヒース
  • ブラック・ボンネット・ストライプ
  • ヘッドライトおよびリア・ライト周りにはブラックのリングを装備
  • 18インチ アロイ・ホイール ピン・スポーク ブラック
  • ドライビング・アシスト
  • オートマチック・テールゲート・オペレーション
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、MINI『クーパーS クロスオーバー』に黒基調のスポーティな特別仕様車「ブラックヒース」を設定し、2月26日より250台限定で販売を開始した。

ブラックヒースは、MINIクロスオーバーのアスレチックかつ都会的なイメージを強調した限定モデルだ。その名はロンドンマラソンのスタート地点として知られる「ブラック・ヒース・アベニュー」に由来。「Heath(ヒース)」には「荒野」の意味があり、その言葉が持つ壮大さ、さらにスポーティなイメージを助長させるため、「Blackheath(ブラックヒース)」と命名した。

パワーユニットは最高出力192ps、最大トルク280Nmを発揮する2.0リットル4気筒ガソリンターボエンジンを日本初導入。8速ATとの組み合わせにより、スポーティなドライビングを実現する。

エクステリアはブラック基調のシックでスポーティなデザインを採用。ジョンクーパーワークス専用装備のブラックルーフレールとサイドシルフィニッシャー、ヘッドライトおよびリアライト周りにはブラックのリングをあしらい、スタイリッシュかつパワフルなエクステリアを演出している。さらにブラックヒース専用デザインのブラックボンネットストライプは、純正オプションとは異なるブラッシュドアルミ調のデザインを採用。メタリックのボディカラーとの繊細なコントラストで高級感、存在感を高めている。

インテリアでは、ジョンクーパーワークス専用装備であるブラックのヘッドライナーを採用。シートやインテリアサーフェス等もすべてブラックでまとめ、スポーティなコックピットを演出している。

また、アクティブクルーズコントロール(ACC)や前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを標準装備するなど安全装備も充実させた。新開発のタッチパネル機能が付いたナビゲーションシステムは、手元のMINIコントローラーでの操作も可能。アラームシステム、リアビューカメラ、パーキングディスタンスコントロール(リア)、LEDデイライトリング、アダプティブLEDヘッドライト、LEDフォグランプなども特別装備する。

価格は480万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集