ホンダ、高圧水電解型水素製造ステーションなど出展予定…FC EXPO 2018

自動車 ビジネス 国内マーケット

ホンダ・ブースイメージ
  • ホンダ・ブースイメージ
  • ホンダ・ブースイメージ
ホンダは、2月28日から3月2日まで東京ビッグサイトで開催される「第14回 国際水素・燃料電池展 FC EXPO 2018」に出展、「つくる・つかう・つながる」をコンセプトに近未来の身近な水素社会を紹介する。

水素を「つくる」技術としては、開発中の「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」を展示。スマート水素ステーション70MPaは、高圧水素を製造・貯蔵し燃料電池自動車(FCV)に充填する高圧水電解型水素製造ステーションとして世界初となる、製造圧力82MPa(メガパスカル)、充填圧力70MPaを実現している。

また、水素を「つかう」技術には、量産型FCVセダン『クラリティ・フューエルセル』を、「つながる」技術としては、V2L(Vehicle to Load)対応可搬型外部給電器「パワーrエクスポーター 9000」、V2H(Vehicle to Home)対応DC普通充電器「パワーマネージャー」といった、FCVなどの電動モビリティから外部給電を可能にする製品を展示する。

また、FCVと水素ステーションに対する理解を促進する展示を行う水素供給利用技術協会(HySUT)のブースに、クラリティ・フューエルセルとパワーエクスポーター9000を出展する。

さらにホンダでは、クラリティ・フューエルセルの体験試乗会も実施する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集