ジャガー E-PACE のターゲットユーザーは30-40代、女性比率4割目指す

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガーE-PACE
  • ジャガーE-PACE
  • ジャガーE-PACE
  • ジャガーE-PACE
  • ジャガーE-PACE
  • ジャガーE-PACE
  • ジャガーE-PACE
  • ジャガーE-PACE
  • ジャガー・ランドローバー・ジャパン 若林敬一 マーケティング・広報部ディレクター
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2月22日、ジャガーブランドの新型SUV『E-PACE』の受注を開始した。F-PACEに次ぐジャガーSUVの第2弾モデルとなるもので、同社では従来と異なる若いユーザー層をE-PACEで開拓したいとしている。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンの若林敬一マーケティング・広報部ディレクターは同日都内で開いたE-PACEの発表会で「ジャガーと聞くと、『高いんじゃないか』とか、『ちょっとでかいんじゃないか』とか、あるいは『もっと年上の人が乗るんじゃないのか』と思われる方が結構いる。しかしそれは違う」と強調した。

というのも「ジャガーはルマンを過去7回優勝したスポーツカーメーカー。そして若さを持った躍動感という、生き物のような、ジャガーのような、しなやかなクルマを造っている」からだと若林ディレクターは説明。

その上で「このE-PACEで新しい顧客層を開拓したいと思っている。具体的には30代~40代、世帯年収でみても1000万円以下の方を6割くらい獲得したい。そして今までジャガーは男性のイメージがちょっと強かったが、E-PACEでは女性も4割くらい獲っていきたいと考えている。おそらくそうした方々に気に入って頂けるクルマだと思っている」と、ジャガー初のコンパクトSUVであるE-PACEの具体的なターゲットユーザーを示した。

従来のジャガーとは異なるユーザー層を開拓すべく、マーケティング活動もこれまでとは異なる手法で行うという。若林ディレクターは「E-PACEをいろいろなイベントに使っていこうと考えている。大阪、東京、名古屋などでイベントを行っていく予定。E-PACEが当たるキャンペーンも実施して、新しいジャガーのファン層を獲得していきたい」と締めくくった。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集