コンチネンタル、車両データのスマホへの遠隔表示システム発表へ…MWC 2018

自動車 テクノロジー ネット

コンチネンタルの車両データのスマホへの遠隔表示システム
  • コンチネンタルの車両データのスマホへの遠隔表示システム
コンチネンタルは、スペインで2月26日に開幕する世界最大規模の携帯通信関連見本市、「MWC(モバイル・ワールド・コングレス2018)」において、車両データのスマートフォンへの遠隔表示システムを発表する。

車両データのスマートフォンへの遠隔表示システムの一例が、充填中でも現在のタイヤ空気圧をスマートフォンに表示する充填補助機能。これは、空気ポンプの表示を調べなくても、タイヤに必要な空気の量をドライバーに正確に伝えることを可能にする。

また、ユーザーは、スマートフォンアプリを使って、座席の位置、空調、エンターテインメントの好みなどのパーソナライズされたプロファイルを、乗車前に事前に設定できる。

コンチネンタルによると、スマートフォンは包括的ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)の構成要素にもなるという。ドライバーは窓の開閉やサイドミラーの遠隔操作など、さまざまな車両機能を管理できる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集