極東開発、耐摩耗鋼板「HARDOX」採用の新型ダンプトラック発売へ---軽量化と高強度を実現

自動車 ニューモデル 新型車
4 トン 耐摩耗鋼板仕様リヤダンプトラック
  • 4 トン 耐摩耗鋼板仕様リヤダンプトラック
  • 耐摩耗鋼板「HARDOX」の特性をもった製品の証である「HARDOX IN MY BODY」の認定を受けている
  • テールゲート
  • デッキ裏
  • 4 トン 耐摩耗鋼板仕様リヤダンプトラック
  • 4 トン 耐摩耗鋼板仕様リヤダンプトラック
極東開発工業は、耐摩耗鋼板「HARDOX」を採用した新型4トン耐摩耗鋼板仕様リヤダンプトラックを開発し、2月27日より発売する。

新機種は、高い硬度と靭性を併せ持つHARDOXを採用。耐衝撃性だけでなく、変形や亀裂の発生にも強い高強度なボデーとし、耐久性向上、長寿命化を実現した。さらにHARDOXの採用により、強度を保ったまま板厚の薄肉化と補強部品の削減を可能とし、ボデー重量は、従来機に比べ約120kg、レンタル向け強化ボデーに比べ約320kgの軽量化を実現。効率の高い運搬と空荷状態における燃費向上に貢献する。

また、外観もサイドゲートおよびテールゲートをスチフナ(補強柱)レスとすることで、シンプルなデザインを実現したほか、デッキとサイドパネルを一体化としたことで、溶接箇所を削減し外観品質を向上。そのほかデッキ部は緩やかなRを持つ丸底デッキ形状を採用し、積荷の排出性と清掃性も高めた。

価格(税別)は118万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集