メルセデスAMG GTクーペ、最新ティザーイメージ…ジュネーブモーターショー2018で車両を発表予定

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスAMG GTクーペの開発プロトタイプ
  • メルセデスAMG GTクーペの開発プロトタイプ
  • メルセデスAMG GTクーペの開発プロトタイプ
  • メルセデスAMG GTクーペの開発プロトタイプ
メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGが3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアするメルセデスAMG『GTクーペ』。同車に関して、最新のティザーイメージが公開された。

メルセデスAMG GTクーペは、メルセデスAMG「GT」ファミリーの一員として開発。2ドアのメルセデスAMG『GT』に対して、メルセデスAMG GTクーペは4ドアのスポーツカーとなるのが特徴。

今回メルセデスAMGは、メルセデスAMG GTクーペの開発プロトタイプの新たなティザーイメージを公開。メルセデスAMG GTクーペに、リトラクタブルリアスポイラーが装備されることを紹介している。

リトラクタブルリアスポイラーは、およそ120km/hを超えると自動的にリフトアップし、高速走行時の安定性を高める。およそ80km/h以下になると自動的に格納。120km/hまでは、ボタン操作によるリフトアップおよび格納ができる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集