シュコダのSUVに創業者の名に由来した最上級車、コネクト追求…ジュネーブモーターショー2018で公開へ

自動車 ニューモデル 新型車

シュコダ・コディアックL&K
  • シュコダ・コディアックL&K
  • シュコダ・コディアックL&K
  • シュコダ・コディアックL&K
フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2018において、『コディアックL&K』を初公開すると発表した。

「コディアック」は、シュコダの大型SUV。ボディサイズは、全長4697mm、全幅1882mm、全高1676mm、ホイールベース2791mm。フロントの縦メッキグリルは、シュコダのアイデンティティ。

3列シートはオプション。最大で7名が乗車できる空間を持つ。荷物スペースはクラス最大。容量は通常状態で720リットル。後席を倒せば、2065リットル(いずれもVDA計測法)に拡大する。

ジュネーブモーターショー2018で初公開される予定のコディアックL&Kは、コディアックに新たに追加される最上級グレード。「L&K」とは1895年にシュコダを創業したヴァーツラフ・ラウリン、ヴァーツラフ・クレメント両氏の名前に由来する。

最上級グレードらしく、フルLEDライト、19インチアルミホイール、高級オーディオ、レザー製のマルチファンクションステアリングホイールなどが標準。ダッシュボード中央のタッチパネルモニターを核に、車載コネクティビティも追求されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集