スマート EV に「ナイトスカイ」、スマホ連携を強化…ジュネーブモーターショー2018で発表へ

エコカー EV

スマート・エレクトリックドライブ
  • スマート・エレクトリックドライブ
  • スマート・エレクトリックドライブ
  • スマート・エレクトリックドライブ
メルセデスベンツ傘下のスマートは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2018において、スマート『エディション・ナイトスカイ』を初公開すると発表した。

同車はスマートのEV、「エレクトリックドライブ」がベース。スマートフォンとの連携が強化されているのが特徴。顧客は専用アプリをダウンロードしたスマートフォンやスマートウォッチを通じて、バッテリーの充電や航続など、車両の最新状況をいつでも確認できる。

また、モーターは、最大出力81hp、最大トルク16.3kgmを引き出す。0~100km/h加速12.7秒、最高速130km/hの性能を備える。なお現時点では、エディション・ナイトスカイの画像は公開されていない。

スマートは、2020年から全モデルを電動化すると発表。まずは欧州と米国で、ガソリンエンジン搭載車の導入を終了し、EVに一本化。その後、全世界へこの戦略を拡大していく計画を掲げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集