PSAグループ、オペル コルサ 次期型にEV設定へ…全車電動化の序章

エコカー EV
現行オペル・コルサ
  • 現行オペル・コルサ
PSAグループは2月14日、同グループの傘下に入ったオペルの主力車種、『コルサ』の次期モデルにEVを設定すると発表した。

PSAグループは2017年秋、オペルの戦略的経営計画「PACE!」を発表。2024年までにオペルのすべての乗用車ラインナップを電動化することを決定した。また、オペル車の車台については2019年以降、PSAグループのプラットフォームに統合していくことも明らかにしている。

今回、PSAグループは、オペルの主力コンパクトカー、コルサの次期モデルにEVを設定すると発表。これは、乗用車の全ラインナップを電動化するという戦略の序章となるもの。

次期コルサは2019年から、スペイン・サルゴサ工場において、生産を開始する予定。EVバージョンの生産は、2020年からを計画している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集