マツダ CX-5 助手席リフトアップシート車を商品改良、低価格モデルも追加

自動車 ニューモデル 新型車

マツダCX-5助手席リフトアップシート車
  • マツダCX-5助手席リフトアップシート車
  • マツダCX-5助手席リフトアップシート車
  • マツダCX-5助手席リフトアップシート車
  • マツダCX-5助手席リフトアップシート車
  • マツダCX-5助手席リフトアップシート車
マツダは、福祉車両『CX-5 助手席リフトアップシート車』を商品改良し、2月8日より予約を開始、3月8日に発売すると発表した。

CX-5 助手席リフトアップシート車は、3月8日に発売する『CX-5』商品改良車をベースに、助手席シートが回転し昇降するリフトアップ機構を採用。付属のワイヤレスリモコンやシート両側のスイッチ操作で、高齢者や身体の不自由な人の乗り降りをサポートするだけでなく、スカートや和服の人も裾を乱すことなくスムーズに乗降できる。

また今回の商品改良で、新機種として2リットルガソリンエンジン搭載の低価格モデル「20S 助手席リフトアップシート車」をラインアップ。また「360°ビュー・モニター」もメーカーセットオプションで設定できるようになり、駐車時や狭い道でのすれ違い時、見通しの悪い交差点進入時でもより安全な運転をサポートできるようになった。

価格は284万円から334万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集