スバル岡田専務、無資格検査問題影響「それほど今のところは大きくはない」

自動車 ビジネス 企業動向

スバル 岡田稔明 取締役専務執行役員
  • スバル 岡田稔明 取締役専務執行役員
  • スバル 決算説明会
  • スバル 決算説明会
  • スバル 決算説明会
  • スバル アセント
  • スバル アセント
SUBARU(スバル)の岡田稔明取締役専務執行役員は2月8日に都内で開いた決算説明会で、いわゆる無資格検査問題が国内販売に与える影響について「それほど今のところは大きくはない」との見解を示した。

岡田専務は「販売台数の前年比が落ちているのは事実」としながらも、「11月が85%、12月80%、1月75%という前年比だが、実はけしてリコールだけの数字ではない」と指摘。

その理由として「一昨年10月に新型『インプレッサ』を発売して新車効果が非常に大きく出ていたので、前年の数字が相当高くなっている。もともと我々は前年の数字が高かったことを前提にした社内計画を立てているが、その社内計画に対しては若干のマイナスで推移している」と説明。

その上で「完成車無資格検査リコールによるマイナスというのは、それほど今のところは大きくはないと見込んでいる。」と述べた。

さらに「完成車無資格検査リコールに関しては真摯に反省もしているし、一所懸命取り組んでいかなければいけないが、今のところの実態の数字として出てきているのは、どちらかというとやはり(前の年の)新型インプレッサ投入効果による反動の影響の方が大きいと思っている。従って1-3月もなんとか自分たちが立てている計画をしっかりとやっていきたいと考えている」と付け加えた。

スバルの最大市場であるアメリカの販売動向に関して岡田専務はは「2018年は『アセント』が発売される。それかもう1車種フルモデルチェンジを計画しており、商品のラインアップ的にはライフサイクルの良い年に入ってくると思っている」との見通しを示した。

その一方で「(利幅の薄い)『インプレッサ』の比率が大きくなって、経年している『フォレスター』、『アウトバック』の販売が少し落ちているということで、モデルミックスで苦戦している。ここは急に変わるわけではないので、その辺も考慮に入れる必要がある」とも指摘。

岡田専務は「アメリカの販売環境は厳しい。金利は上昇局面ということで材料としては決して楽観はできないが、1月の販売まで74か月連続で前年越えをしているので、そこをなんとかつなげてアセントの発売で勢いをつけたい」と話した。

またアセントについては「非常にアメリカの販売店の評判が大変良い。社内全体ではいけるのではないとか、楽観はしていないが、すごくそういう雰囲気がでてきている」と手ごたえを語っていた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集