カムリ や アコード に対抗、ヒュンダイ ソナタ HV改良新型を公開へ…シカゴモーターショー2018

エコカー ハイブリッド
現行ヒュンダイ・ソナタハイブリッド(参考画像)
  • 現行ヒュンダイ・ソナタハイブリッド(参考画像)
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは2月5日、米国で2月8日に開幕するシカゴモーターショー2018において、『ソナタ ハイブリッド』の改良新型モデルを初公開すると発表した。

『ソナタ』は米国市場において、トヨタ『カムリ』、ホンダ『アコード』、日産『アルティマ』(日本名:『ティアナ』)などと競合するヒュンダイの中型セダン。そのハイブリッド版が、シカゴモーターショー2018において、大幅改良を受ける。

現行ソナタでは、同社のデザイン言語、「フルーデリック・スカルプチャー」(流体彫刻)を「2.0」へ進化。さらに先代比で全長を35mm、全幅を30mm大型化し、室内空間を拡大させた。ボディサイズは、全長4855×全幅1865×全高1475mm、ホイールベース2805mm。

なお、現時点では、ソナタ ハイブリッドの改良新型モデルに関して、画像を含めて詳細は公表されていない。競合するカムリとアコードの各ハイブリッドが、新型に相次いで切り替わったことから、ソナタ ハイブリッドもアップデートにより、商品力を高めると見られる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集