新幹線、隣の駅までワンコイン---JR九州が500円で、2月から

鉄道 企業動向

鹿児島ルート全通7周年を記念して、ワンコイン切符や乗り放題切符が発売される九州新幹線。
  • 鹿児島ルート全通7周年を記念して、ワンコイン切符や乗り放題切符が発売される九州新幹線。
JR九州は、2月11日から「九州新幹線お隣ワンコインきっぷ」を発売する。

3月12日に九州新幹線鹿児島ルートが全通してから7周年を迎えることを記念して発売される切符。九州新幹線(博多~鹿児島中央間)の隣接駅間を、普通車自由席を利用する場合に限り片道500円(大人・子供同額)で乗車できる。

九州新幹線の隣接駅間に適用される特定特急料金は850円なので、運賃部分と料金部分が込みで500円は破格だ。

発売箇所は、原則として九州新幹線内の駅になるが、新大牟田発は大牟田駅(福岡県大牟田市)、新玉名発は玉名駅(福岡県玉名市)でも購入できる。博多・久留米・熊本・鹿児島のJR九州旅行支店や、大牟田・新八代・川内の各駅旅行センターでも発売する。発売期間は3月10日までだが、利用日当日は購入できない。

このほか、JR九州では、3月11日のみ九州新幹線の普通車自由席が乗り降り自由となる「九州新幹線フリーパス」を、2月11日から3月10日まで発売する。発売額は大人1万円・子供5000円。

発売箇所はJR九州の主要駅とJR九州旅行支店、駅旅行センター、九州内のおもな旅行会社。インターネット列車予約でも発売する。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集