JR東日本初の電気式気動車が落成…2月から新潟地区で試験を開始

鉄道 テクノロジー

GV-E400系の外観。2ドア車体で最高速度は100km/h。新潟地区で使用するためドアは半自動機能付き。定員はGV-E400形が99人、GV-E401形が111人、GV-E402形が121人。
  • GV-E400系の外観。2ドア車体で最高速度は100km/h。新潟地区で使用するためドアは半自動機能付き。定員はGV-E400形が99人、GV-E401形が111人、GV-E402形が121人。
  • GV-E400系の車内。ロングシートとボックスシートを配したセミクロスタイプで、ボックスシートの間隔は、従来のキハ40系より180mm拡大した。窓には紫外線をカットする強化ガラスを使用して、ブラインドカーテンを省略。照明はLEDとなっている。優先席付近は、床面を色分けしてわかやすくしている。トイレは電動車椅子に対応。出入口付近には寒さ対策として大型の袖仕切りを採用している。
JR東日本新潟支社は1月30日、新潟地区に導入する川崎重工業製の新型気動車GV-E400系の量産先行車が、1月16日に落成したことを明らかにした。

GV-E400系は、駆動方式にディーゼルエンジンと液体変速機を組み合わせた「液体式」ではなく、ディーゼルエンジンで発電機を動かし、そこから発生する電力によりモーターを回す「電気式」を採用。ハイブリッド車を除けば、JR東日本では初の電気式気動車となる。

量産先行車では、GV-E400形(GV-400-1)、GV-E401形(GV-401-1)、GV-E402形(GV-402-1)の3形式が1両ずつ落成。GV-E400-1は単行運転が可能な両運転台タイプ、GV-E401-1とGV-E402-1は片運転台タイプで、2両編成を組む。

外観は、車体が全長19.5mのステンレス製で、デザインは、公共交通機関への信頼感や安定感を感じてもらえるような力強いもの、風化しないシンプルなものを目指したとしている。

内装は、乗客を包み込むような安心感を与える空間を意識しており、色彩を温かみのある「トキピンク」を基調としたものに統一している。

投入線区は、羽越本線(新津~酒田間)、信越本線(新津~新潟間)、米坂線、磐越西線(会津若松~新津間)を予定しており、2月から各種試験や検証、乗務員の訓練運転、車両メンテナンスの教育訓練を実施する。

GV-E400系は秋田地区への投入も予定されており、量産車は総計60両を製造。新潟地区へは2019年度までに、秋田地区へは2020年度までに投入する予定となっている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集