新型アルファード/ヴェルファイア、日本板硝子の新プライバシーガラスを採用

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ・アルファード
  • トヨタ・アルファード
日本板硝子は、トヨタ新型『アルファード』および『ヴェルファイア』に世界初の新プライバシーガラス「UVプロテクト400」が初めて採用されたと発表した。

UVプロテクト400は、同社がこれまで長年にわたり培ってきたフロート工法の技術と経験を活かして製造。ガラス単独で従来のプライバシーガラスに比べて、長波長側の紫外線(370nm~400nm)も含めて約99%カットしながら、赤外線カット性能も大幅に向上し、約90%以上をカットする。

アルファードでは「エグゼクティブラウンジ」「エグゼクティブラウンジS」が、ヴェルファイアでは「エグゼクティブラウンジ」「エグゼクティブラウンジZ」が、スライドドア、リアクォーター、バックドアの各ガラスに採用した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集