豊田通商、マゼラン社に出資…高精度衛星測位ビジネスで協業へ

自動車 テクノロジー ITS
マゼランシステムズジャパン(ウェブサイト)
  • マゼランシステムズジャパン(ウェブサイト)
豊田通商は1月25日、センチメートル級の衛星測位技術を持つマゼランシステムズジャパンへ出資、高精度衛星測位ビジネス市場開拓で協業を進めると発表した。

日本版GPSといわれる準天頂衛星システム(QZSS)「みちびき」は、4号機打ち上げにより2018年4月から4機体制の本格運用を開始。高精度な衛星測位が可能となり、産業用、民生用共に高精度測位の需要の拡大が期待されている。今回出資するマゼラン社は、「みちびき」を活用した高精度単独測位受信機を世界で初めて開発・販売した高精度測位技術のリーディングカンパニーだ。

豊田通商は今回の出資を通じ、マゼラン社の高精度測位技術を自動車および農機・建機の自動運転システム向けにグローバル展開していくとともに、同技術を活用したさまざまなサービスを創出。車線単位の渋滞情報配信やV2X(車車間・路車間通信)などの高度ITSサービス、ドローンや自走ロボットを活用した宅配などの無人化サービス、農機・建機の自動化によるスマート農業や、建設現場の生産性向上を目的としたi-コンストラクション向けサービスなどを検討し、高精度衛星測位ビジネス市場の拡大を図る。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集