新開発48Vマイルドハイブリッド、シェフラーが発表…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
シェフラーのプレスカンファレンス(デトロイトモーターショー2018)
  • シェフラーのプレスカンファレンス(デトロイトモーターショー2018)
  • シェフラーのブース(デトロイトモーターショー2018)
  • シェフラーのブース(デトロイトモーターショー2018)
  • シェフラーのブース(デトロイトモーターショー2018)
シェフラーは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新開発の48Vマイルドハイブリッドシステムを発表した。

シェフラーは現行のパワートレーンを電動化する際のコスト重視のソリューションとして、48Vシステムを開発。スタータジェネレータの代わりに、48Vシステムがベルトを介して、エンジンのクランクシャフトに接続。シェフラーは次世代の車両でも、この48V電気モーターをエンジンとトランスミッションのユニットやアクスルに統合していく方針。

48Vシステムでは、必要なパワー出力を備えた電気モーターと充分な容量のバッテリーを使用。これにより、高速走行時では、エンジンを停止してもコースティング(慣性走行)を可能にする。

さらに、燃料消費量の大幅な削減に加えて、減速時に生成されるエネルギーをより効果的に回収。例えば、得られた電力を、電気を使って加熱できる触媒コンバーターの作動に利用できるため、現在の法規制値を大きく下回るCO2排出量を実現できる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集