創業130周年のダンロップ、競技用車両や2月発売新商品を展示…東京オートサロン2018

自動車 ニューモデル モーターショー
ダンロップ(東京オートサロン2018)
  • ダンロップ(東京オートサロン2018)
  • ダンロップ(東京オートサロン2018)
  • ダンロップ(東京オートサロン2018)
  • ダンロップ(東京オートサロン2018)
  • ダンロップ(東京オートサロン2018)
  • ダンロップ(東京オートサロン2018)
  • ダンロップ(東京オートサロン2018)
ダンロップは、創業者J.B.DUNLOP(ジョン・ボイド・ダンロップ)が空気入りタイヤを発明してから130周年をむかえるのを記念したブース展開に。

コンセプトは、「絆は信頼の証」。同社の130年間にわたる歴史を年代ごとに紹介したほか、モータースポーツ用タイヤのラインナップ展示、ベントレー「スピード8」や「Epson Modulo NSX-GT」の実車展示を展開した。

同社ブースでは、競技用車両の展示に人気が集まるなか、2月に発売予定のエナセーブEC204や、開発中のエアレスタイヤなども注目された。

エナセーブEC204は、耐偏摩耗性能と耐摩耗性能を向上させ、「より最後まで使える長持ち」を実現したモデル。非対称パターンの採用によりトレッド部のアウト側のブロック剛性を高め、新プロファイルの採用でタイヤの接地圧を均一化。耐偏摩耗性能を従来比16%向上。ランド比をアップさせタイヤの接地面積を増加させることで、接地圧を分散し耐摩耗性能を従来比4%向上させた。

また、エアレスタイヤ「GYROBLADE」は、東京モーターショー2017に次いで展示。金属製ホイールと特殊樹脂スポークからなる車輪の外周に、タイヤのトレッド部を接着させた形状で、空気充填を必要としない“未来のタイヤ”。来場者は、接地面やスポークに触れながら、“クルマの近未来”に思いを馳せていた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集