日産 クロスモーション、フロントマスクは「日本建築」…デトロイトモーターショー2018詳細画像

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

日産 クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産 クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産 クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産 クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産 クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産 クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産 クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産 クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産 クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
日産自動車がデトロイトモーターショーで公開した『クロスモーション(Xmotion)』は、3列シートのSUVだ。2020年以降の日産ブランドデザインの方向性のひとつを示唆したコンセプトカーとなる。

開発コンセプトは、伝統的な日本の熟練の技と最新技術といった異なる価値や時代、次元をつなぐようにデザインすること。Vモーショングリルやブーメラン型ヘッドランプなど、日産の最新デザイン言語を導入した。

とくにVモーショングリルは、日本建築からヒントを得て、深みのあるカーボンカラーと高い光沢フィニッシュが特徴。ブーメラン型ヘッドランプは、ハイビーム、ロービーム、ウインカー、ポジショニングランプなど、すべての機能を1つのユニットに組み込む。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集