スバル、世界生産・販売ともに3年連続100万台超えを計画 2018年

自動車 ビジネス 企業動向

スバル・インプレッサ新型
  • スバル・インプレッサ新型
  • 生産ラインの様子(アウトバック)
SUBARU(スバル)は1月15日、2018年(1~12月)の生産・販売(小売)計画を発表した。生産は前年比3%減の104万台、販売は同2%増の108万台。生産・販売とも3年連続100万台超えを目指す。

生産は、北米向け『インプレッサ』の生産を米国に移管したこともあり、国内が同5%減の67万3000台、海外は5年連続で過去最高となる同1%増の36万7000台を計画する。

販売は、国内が同14%減の15万7000台。2016年10月に発売した新型『インプレッサ』の新型車効果一巡による減少などを織り込んだ。海外は好調な米国、カナダなど主要市場での台数増加により、7年連続で過去最高となる同5%増の92万3000台を計画する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集