NVIDIAなど3社、中国向け量産対応のAI 自動運転車用プラットフォームを開発中…CES 2018

自動車 テクノロジー ITS

量産対応のAI自動運転車プラットフォーム(参考画像)
  • 量産対応のAI自動運転車プラットフォーム(参考画像)
  • CES 2018
NVIDIAとZF、Baidu(百度)の3社は、米国ラスベガスで開幕したCES 2018にて、中国向けに設計された量産対応のAI自動運転車プラットフォームを開発中であることを発表した。

開発中のソリューションは、NVIDIAのプロセッサー「DRIVE Xavier」、ZFの「ProAI車載コンピューター」、Baiduの「Apolloオープン自動運転プラットフォーム」といった各社固有のテクノロジを互いに連携させたものだ。

今四半期に提供されるNVIDIA DRIVE Xavier はシステムの中核をなす自律型マシン用プロセッサーで、30ワットの低消費電力で毎秒1兆回のディープラーニング演算を実行可能。高い効率性に加え、異なるタイプのセンサーに対する豊富かつ多様な入出力接続に対応する。

またZFのProAI車載コンピューターは、複数のカメラ、LiDAR、レーダーからの入力を処理し、自車周囲の360度ビューを描画。高解像度マップ上に自車を配置して、交通状況の中で安全な経路を見つけることができる。

BaiduのApolloオープン自動運転プラットフォームは、自動運転車の主要な機能をサポートする包括的かつセキュアで、信頼性の高いオールインワンソリューション。大量生産を前提としており、安全で経済的かつ快適な自動運転を提供する。

AI自動運転車プラットフォームは、中国メーカーだけでなく、中国で事業展開を計画するあらゆる自動車メーカー向けに開発中。同プラットフォームを採用した量産自動運転車両は、2020年から中国の道路を走る見込みだ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集