トヨタ社長、「お店が自分の所まで来てくれる」e-パレット…CES 2018プレスカンファレンス

米国ラスベガスで1月9日に開幕したCES2018。トヨタ自動車のプレスカンファレンスには、豊田章男社長が登壇した。

自動車 ビジネス 企業動向
e-パレット(CES 2018)
  • e-パレット(CES 2018)
  • e-パレットアライアンス(CES 2018)
  • e-パレットアライアンス(CES 2018)
  • e-パレット コンセプト
  • 多様な仕様のe-パレット コンセプト
  • ドリームファクトリー
  • リアル e-コマース
  • サービス仕様のe-パレット コンセプト
米国ラスベガスで1月9日に開幕したCES2018。トヨタ自動車のプレスカンファレンスには、豊田章男社長が登壇した。

トヨタがCES2018でワールドプレミアしたのが、『e-パレット』コンセプト。モビリティサービス専用の次世代コンパクトEVで、将来、ライドシェアなどでの使用を想定している。

CES2018のプレスカンファレンスにおいて、豊田章男社長が時間を割いたのは、このe-パレット。豊田社長は、「現在は、お店まで行かなくてはならないが、将来はe-パレットによって、お店が自分の所まで来てくれる」とアピールした。

さらに、豊田社長は、「さまざまなe-パレットを1か所に集めることで、医療からエンターテインメントやフェスティバルといった各種サービスのモバイルハブができあがり、ビジネスやコミュニティを簡単に形成できる。また、e-パレットは1日でさまざまな仕様に変えることができる」と、e-Paletteの大きな可能性について言及した。

CES 2018でトヨタは、e-パレット・アライアンスの初期メンバーとして、Amazon、DiDi、マツダ、Pizza Hut、Uberの5社を発表。豊田社長は、「我々はe-パレットなど、現在開発中の多くのモビリティ技術によって、東京2020オリンピック・パラリンピック大会の成功に貢献していきたい」と、意欲を示している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集