テスラ モデル3 の増産計画を発表…2018年半ばに週5000台生産へ

エコカー EV

テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
米国のEVメーカー、テスラは1月3日、新型コンパクトEVセダン、『モデル3』の最新の生産計画を公表した。

新型EVのモデル3に関しては、2017年第3四半期(7~9月)の納車台数が220台にとどまった。2017年第4四半期(10~12月)の納車台数は、第3四半期よりは増えたものの、1550台。これは当初の計画を下回る結果で、工場の生産障害の克服が課題になっていた。

今回テスラは、モデル3の最新の生産計画を公表。2018年第1四半期(1~3月)に、週当たりの生産台数をおよそ2500台へ引き上げ。2018年第2四半期(4~6月)には、週当たり5000台を生産する計画を掲げる。

テスラは2017年第4四半期、モデル3の生産障害の改善に取り組んだ。その結果、モデル3の生産効率は大幅に向上した、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集