レンジローバー イヴォーク に1.5Lハイブリッド登場…次期型をスクープ

自動車 ニューモデル 新型車

ランドローバー レンジローバー イヴォーク 次期型スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー イヴォーク 次期型スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー イヴォーク 次期型スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー イヴォーク 次期型スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー イヴォーク 次期型スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー イヴォーク 次期型スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー イヴォーク 次期型スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー イヴォーク 次期型スクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー イヴォーク 次期型スクープ写真
レンジローバーのコンパクト・クロスオーバーSUV『イヴォーク』次期型の生産仕様プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

コードネーム「L6551」と呼ばれる第二世代プロトタイプの姿からは、初代の特徴的なクーペルーフが継続されていることが分かる。新形状のサイドミラーを装着し、ヘッドライトやテールライトはより薄くスポーティなデザインが採用されていることが見て取れるが、外観デザインは基本的にキープコンセプトと言えそうだ。

パワートレインの目玉は、新開発の1.5リットル直列3気筒インジニウムエンジン+電気モーターのハイブリッドエンジンで、パワフルかつ高燃費を実現する。そのにも、最高出力148psから237psへ向上する2リットルのディーゼルエンジンや、237psから296psへ向上する2リットルのガソリンエンジンなどがラインアップされるという。

ジャガー・ランドローバーの「D8」アーキテクチャによる進化型プラットフォームを採用し、トレッドをワイド化。よりスポーティなSUVボディを手に入れる。また最新情報によれば3ドアは廃止され、5ドアのみになる可能性があるようだ。

ワールドプレミアは、ズバリ2018年のパリモーターショー。発売は2019年からと予想する。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集