ルノーが仏メディアに出資、自動運転車向け車内コンテンツ配信へ

自動車 テクノロジー ネット

チャレンジグループの公式サイト
  • チャレンジグループの公式サイト
ルノーグループは12月13日、フランスのメディア大手、チャレンジ社に出資すると発表した。

チャレンジ社は、フランスで複数の雑誌を発行しているメディアグループ。同社に対するルノーグループの出資比率は40%。チャレンジ社の第2位の株主となる。

今回の出資の狙いは、将来の自動運転コネクテッドカーの車内で配信する新たなコンテンツを開発すること。フランスをはじめ欧州では、自動車通勤のドライバーが車内で過ごす時間は、毎日およそ2時間に達する。完全自動運転車が実用化されれば、ドライバーは運転操作から解放され、この2時間を自由に過ごすことができるようになる。

ルノーグループのカルロス・ゴーン会長兼CEOは、「このプロジェクトは、新しく高品質なコネクテッドサービスを提供し、顧客体験を向上させることを目指すルノーグループの戦略と完全に一致している」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集