パイオニアの3D-LiDAR、NVIDIAの自動運転車開発プラットフォームに対応

自動車 テクノロジー ITS

3D-LiDAR サンプルイメージ(スキャニング部)
  • 3D-LiDAR サンプルイメージ(スキャニング部)
パイオニアは、NVIDIA(エヌビディア)の自動運転向けAI車載コンピューターのオープンプラットフォーム「NVIDIA DRIVE PX」にパイオニアの「3D-LiDAR」を対応させるため協業すると発表した。

「3D-LiDAR」は、レーザースキャナーで、遠方の物体までの距離を高精度に測定し、物体の大きさを検出できるセンサーで、完全自動運転車に不可欠なキーデバイスと言われている。パイオニアは、高性能で小型、軽量、低コストな「3D-LiDAR」を2020年以降、量産化する計画で、9月から国内外の自動車メーカーやICT関連企業などに「3D-LiDAR」のサンプル供給を開始している。

NVIDIAの「DRIVE PX」は、GPUによるディープランニングを活用し、周辺360度の状況を認識して車両の位置を正確に判断、安全で快適に走行できるルートを算出する。

今回、パイオニアの「3D-LiDAR」が、「DRIVE PX」に対応することで、AIを活用して自律走行に伴う複雑なデータ処理が可能になる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集