パワートレインはEV、PHV、ガソリンの3種類…新型スポーツカーSIN『S1』開発中

ブルガリアに本拠を置くSIN CARSは新型スポーツカー、SIN『S1』の開発計画を発表した。

エコカー EV
SIN CARSの新型スポーツカー、SIN S1
  • SIN CARSの新型スポーツカー、SIN S1
ブルガリアに本拠を置くSIN CARSは新型スポーツカー、SIN『S1』の開発計画を発表した。

SIN S1は、ガソリンエンジン、プラグインハイブリッド(PHV)、EVの3種類のパワートレインを設定。ガソリンエンジンは、2.0リットルターボが最大出力255hp、最大トルク44.2kgmを発生。0~100km/h加速2.8秒の性能を発揮する。ガソリンは3.5リットルの自然吸気エンジンも選択可能。最大出力365hp、最大トルク58.1gmを発生。0~100km/h加速は2.5秒で駆け抜ける。

PHVは、2.0リットルターボが最大出力255hp、最大トルク44.2kgm。これに、最大出力120hpのモーターを組み合わせる。EVは、最大出力120hpのモーターを搭載。バッテリーは、蓄電容量24kWh。1回の充電での航続は、200kmを予定している。

また、SIN S1は、1種類のシャシーを基本に、モジュラーデザインにより、異なるボディデザインや異なるインテリアを自由に組み合わせることが可能。ボディは、カブリオレとクーペが用意されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集