一線を画する完成度の高さ、軽の枠を超えた N-BOX…諸星陽一【カーオブザイヤー2017-18】

自動車 ビジネス 国内マーケット
ホンダ『N-BOX カスタム』(COTY2017試乗会)
  • ホンダ『N-BOX カスタム』(COTY2017試乗会)
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」ホンダ『N-BOX/N-BOX カスタム』
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」ホンダ『N-BOX/N-BOX カスタム』
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」10ベスト選出車種
今年の一台を決める第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モーターフォトジャーナリストの諸星陽一氏はホンダ『N-BOX/N-BOX カスタム』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

☆☆☆

日本のカー・オブ・ザ・イヤーにふさわしいクルマ、今年の日本を象徴するクルマとしてN-BOXに最高得点を配点しました。

日本の軽自動車規格は独自のもので、ガラパゴス状態の象徴でもあります。

しかしながら、軽自動車を必要としている方は非常に多く存在し、求められているカテゴリーであることも事実です。そして、このカテゴリーの進化は日本の自動車産業の底上げにも通じるものだと感じます。

低価格が重要な軽自動車において、価格アップが恐れることなく、プラットフォーム、ボディ、パワートレインを一新。とにく各種安全装備を標準装備したことは、クルマにとって大切なものはなにかを真剣に捉える意思が感じられます。

N-BOXは従来の軽自動車とは一線を画する完成度の高さで、まさに軽自動車の枠を超えるクルマとなりました。10年後、20年後に過去を振り返ったとき「2017年は軽自動車のレベルが革新的に進んだ年であった」と語れることもN-BOXを選んだ理由です。

☆☆☆

全投票点数は下記の通り。
ホンダ『N-BOX/N-BOX カスタム』:10点
トヨタ『カムリ』:5点
ボルボ『XC60』:5点
BMW『5シリーズ セダン/ツーリング』:4点
アルファロメオ『ジュリア』:1点

諸星陽一|モーターフォトジャーナリスト/AJAJ会員/JMS会員
3歳で三輪車、小学生から中学生まで自転車、高校生でバイクからクルマへと、つねに乗り物とともに過ごしてきました。23歳で自動車雑誌の編集者となり、その後フリーランスに。29歳からは自費でプロダクションカーレースへ参戦しました。金銭的に苦労したクルマ生活によって、整備の知識を身につけるようになり、それを土台にしたセルフメンテナンス系の記事も手がけます。また、福祉車両などをはじめとした、ユニバーサルデザインにも高い関心を持っています。仕事に対する姿勢は、足を運び、見て、乗って、感じて、撮って、書く。自分の意見や理想も大事にするが、読者の立場も十分に考慮した評価を行うことをモットーとしています。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

特集