相鉄・JR直通線の新駅名称「羽沢横浜国大」に 2019年度下期開業へ

鉄道 企業動向
羽沢横浜国大駅のイメージ(外観)。2019年度下期に開業する。
  • 羽沢横浜国大駅のイメージ(外観)。2019年度下期に開業する。
  • 羽沢横浜国大駅のイメージ(コンコース)。2019年度下期に開業する。
  • 羽沢横浜国大駅の工事現場(2015年9月撮影)。
  • 神奈川東部方面線のルート。西谷方の相鉄・JR直通線(青)と日吉方の相鉄・東急直通線(赤)で構成される。
相模鉄道(相鉄)は12月11日、神奈川東部方面線のうち相鉄・JR直通線内に設けられる新駅(横浜市神奈川区)の名称を「羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)」に決めたと発表した。今後、法手続きや関係自治体との協議を進める。

神奈川東部方面線は、相鉄本線の西谷駅から東京急行電鉄(東急)東横線の日吉駅までを結ぶ、全長約12.7kmの新線。西谷駅からJR貨物の横浜羽沢駅付近までを結ぶ相鉄・JR直通線と、横浜羽沢駅付近から日吉駅までを結ぶ相鉄・東急直通線で構成される。

現在工事が進められており、まず2019年度下期に相鉄・JR直通線が開業する予定。これにより相鉄とJR東日本の相互直通運転が始まる。続いて2022年度下期には相鉄・東急直通線が開業し、相鉄と東急電鉄の相互直通運転も行われる予定だ。

羽沢横浜国大駅は、横浜羽沢駅の西側に設置。駅番号は「SO51」で、相対式2面2線のホームが設けられる。改札口は1カ所でエレベーター2基、エスカレーター4基を設置。ホームドアも設置される。

同駅の仮称は羽沢駅だったが、相鉄は同駅の主な利用者が「羽沢地区にお住まいの方および南東に位置する横浜国立大学の関係者」になると想定。駅付近の町名である「羽沢」と、横浜国立大学の略称を併記した「羽沢横浜国大」を開業時の正式な駅名とした。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集