国産スポーツカー LC が主張する唯一無二の個性…千葉匠【カーオブザイヤー2017-18】

今年の一台を決める第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

自動車 ビジネス 国内マーケット
レクサス『LC』(COTY2017 試乗会)
  • レクサス『LC』(COTY2017 試乗会)
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」レクサス『LC』
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」レクサス『LC』
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」10ベスト選出車種
今年の一台を決める第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

デザインジャーナリストの千葉匠氏はレクサス『LC』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

☆☆☆

デザインはまさに『唯一無二』。最も特徴的なのは前後のワイドなフェンダーで、これは「室内側から4輪に延ばした力によってフェンダーを押し広げる」というイメージで造形したもの。

原点にあるのは乗員を中心に据えた「インサイド・アウト」の発想であり、それによって欧米のスポーツクーペとはまったく違う「キャビンとボディの一体感」を醸し出している。

欧米が長い伝統を持つ高級スポーツカーの世界で、日本のレクサスが堂々と「唯一無二」の個性を主張し始めたことを日本人として誇りに思いたい。

☆☆☆

全投票点数
レクサス『LC』:10点
アルファロメオ『ジュリア』:6点
シトロエン『C3』:5点
ボルボ『XC60』:3点
BMW『5シリーズ セダン/ツーリング』:1点

千葉匠|デザインジャーナリスト
デザインの視点でクルマを斬るジャーナリスト。1954年生まれ。千葉大学工業意匠学科卒業。商用車のデザイナー、カーデザイン専門誌の編集次長を経て88年末よりフリー。「千葉匠」はペンネームで、本名は有元正存(ありもと・まさつぐ)。日本自動車ジャーナリスト協会=AJAJ会員。日本ファッション協会主催のオートカラーアウォードでは11年前から審査委員長を務めている。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

特集