トヨタ、燃料電池発電所建設へ…バイオマスから水素や電気を生成

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタが米国で実証実験中のFC大型商用トラック
  • トヨタが米国で実証実験中のFC大型商用トラック
トヨタ自動車の北米部門、トヨタモーターノースアメリカは11月30日、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、米国カリフォルニア州ロングビーチ港に「トライジェン」(Tri-Gen)を建設すると発表した。

トライジェンは、カリフォルニア州の畜産場の廃棄物系バイオマスから、水素を取り出し、燃料電池を使って発電を行う。これにより、再生可能エネルギーから、水素や電気、水を生み出すもの。トライジェンには、水素ステーションも併設される。

トライジェンで1日に発電される約2.35メガワットアワーの電力量は、米国の一般家庭およそ2350世帯分の1日当たりエネルギー消費量に相当。製造する水素およそ1.2トンは、燃料電池車およそ1500台の1日当たり平均走行距離に必要な充填量に相当する。

電力の一部と水は、北米のトヨタの物流部門のロングビーチ拠点に供給。この拠点は、北米において、再生可能エネルギーの電力のみを使用するトヨタ初の施設となる。水素は、併設する水素ステーションなどを通じて、日本からロングビーチ港に輸送される新車配送前の燃料電池自動車『ミライ』や、実証実験中のFC大型商用トラックなどの燃料充填に使用する計画。

なお、トヨタモーターノースアメリカによると、水素ステーションを併設するメガワット規模のFC発電施設は、世界初の取り組みになるという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集