ホンダ シビックタイプR 新型をレンタカーで乗る…おもしろレンタカーが導入

自動車 ビジネス 国内マーケット

おもしろレンタカー 新型『シビック タイプR』
  • おもしろレンタカー 新型『シビック タイプR』
  • おもしろレンタカー 新型『シビック タイプR』
  • おもしろレンタカー 新型『シビック タイプR』
  • おもしろレンタカー 新型『シビック タイプR』
  • おもしろレンタカー 新型『シビック タイプR』
「おもしろレンタカー」を運営はなぐるま(千葉県野田市)は、9月に発売されたホンダの新型『シビックタイプR』をレンタカーとして野田本店へ11月21日に導入した。はなぐるまによるとシビックタイプRのレンタカーは日本で初めて。

利用料金は6時間、税込1万3170円から。貸出しに際し、年齢が23歳以上でMT運転免許取得後3年以上経過していることが条件となる。

新型シビックタイプRは、先代モデルに対し、ねじり剛性の向上やボディの軽量化、低重心化、ホイールベースとトレッドの拡大などにより、さらに優れた走行安定性を追求。シャシーはマルチリンク式リアサスペンションを新たに採用したほか、制御技術の進化により運動性能を大幅に向上させている。

エンジンは、最高出力320ps、最大トルク400Nmを発生するタイプR専用の2リットルVTECターボを搭載。また、6速MTのローレシオ化や軽量シングルマス・フライホイールの採用により、加速性能を向上させている。

さらに、走行シーンに応じて選べる3つのドライブモードを搭載。モードスイッチを操作することで制御デバイスのセッティングを瞬時に変更し、サーキットから市街地まで、さまざまなシーンに応じた高いパフォーマンスを発揮する。

おもしろレンタカーは、スポーツカーやプレミアムカーを所有することなく、バラエティあふれる魅力的かつ刺激的な車をレンタカー車両として貸出すことで、いろいろな車に乗る楽しさを手軽に味わい、車の愉しさ、奥深さを感じてもらい、車好きがさらに広い世界を知ることのできる場を提供したいとしている。
《平川 亮》

編集部おすすめのニュース

特集