【SEMA 2017】アウディ TT 新型にクラブスポーツ、電動ターボで600hp

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ TT クラブスポーツ ターボコンセプト
  • アウディ TT クラブスポーツ ターボコンセプト
アウディは10月30日、『TT クラブスポーツ ターボコンセプト』の概要を明らかにした。実車は10月31日(日本時間11月1日未明)、米国ラスベガスで開幕するSEMAショー2017で初公開される。

同車は、新型アウディ『TT RS』をベースに、さらなるパフォーマンスを追求したコンセプトカー。直噴2.5リットル直列5気筒ガソリンターボ「TFSI」は、通常のターボと電動ターボでダブル過給。主にエンジンの低回転域を電動ターボが、高回転域を通常のターボが受け持つ。

これにより、最大出力600hp、最大トルク66.3kgmを獲得。車両重量は1396kg。トランスミッションは6速MT。駆動方式は4WDのクワトロ。TTクラブスポーツターボは、0~100km/h加速3.6秒、最高速310km/hの優れた性能を発揮する。

外観は、専用フロントバンパー、大型リアウイング、20インチアルミホイールなどで迫力アップ。全幅は市販車のTTに対して140mmワイド化された。ブレーキは、カーボンセラミック。室内には、軽量バケットシートや4点式シートベルト、アルミ製シフトレバーなどが採用されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集