メルセデス AMG C43クーペ、直6搭載で馬力はどうなる?

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス AMG C43 クーペ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 クーペ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 クーペ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 クーペ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 クーペ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 クーペ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 クーペ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 クーペ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 クーペ スクープ写真
メルセデスベンツ『Cクラスクーペ』のハイスペックモデル、『AMG C43クーペ』改良新型プロトタイプをカメラが捉えた。

エクステリアは、LEDヘッドライトが『Eクラス』のようなグラフィックに変更、フロントバンパーエアダクトには2本のフィンが付いていることが確認できる。フロントグリルにはAMGの個性となっている「パナメリカーナグリル」の装着が予想される。リアのエキゾーストパイプは仮パーツだろう。

パワートレインは3リットルV型6気筒から直列6気筒へ変更され、9速AT「9G-TRONIC」と組み合わされる。最高出力は現行モデルの367psからの向上が期待されるが、情報は入手出来ていない。

より洗練されるAMG C43クーペ改良新型は、2018年末頃の登場予定となっている。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集