【SEMA 2017】レクサス「インスピレーション」、まずは LC に設定…専用ブルー塗装は開発に15年

自動車 ニューモデル モーターショー

レクサスLCインスピレーションシリーズ
  • レクサスLCインスピレーションシリーズ
  • レクサスLCインスピレーションシリーズ
  • レクサスLCインスピレーションシリーズ
  • レクサスLCインスピレーションシリーズ
レクサスは10月24日、米国ラスベガスで10月31日に開幕するSEMAショー2017において、『LC』の「インスピレーションシリーズ」を初公開すると発表した。

インスピレーションシリーズは、レクサスのフラッグシップ車に設定される新たな特別モデルシリーズ。まずはLCが、その第一号車に選ばれた。今後は新型『LS』やSUVの『LX570』などへの拡大展開が見込まれる。

LCのインスピレーションシリーズでは、ボディカラーに専用の「ストラクチュラルブルー」を採用。北米に生息する「モルフォ蝶」をモチーフにした新色で、レクサスがおよそ15年をかけて開発。レクサスによると、通常の塗料は光の入力に対して50%を反射するが、ストラクチュラルブルーは独特の構造によって、ほぼ100%反射。LCのダイナミックなデザインを、いっそう強調する効果を発揮するという。

この他、専用のホワイトレザーシート、21インチホイール、専用カーボン製スカッフプレートなどを採用。2018年春に100台限定で発売される予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集