【東京モーターショー2017】人とクルマのふれあいを体験できるコックピットとは…東海理化が展示予定

自動車 ニューモデル モーターショー

LS500h “version L”
  • LS500h “version L”
  • LS500h “version L”
  • LSのシフトノブ
東海理化は、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に出展する。

東海理化は「Feel More. 触れて、つながる。感じよう、その先を。」をテーマに、「将来コックピット体験ゾーン」「最新技術体感ゾーン」「主要製品展示ゾーン」の3ゾーンを展開。自動運転システムに対応した東海理化製品の将来像や、入力の多様化・コネクティッド・高度安全支援に対応した最新技術、幅広い主要製品ラインアップを紹介する。

将来コックピット体験ゾーンでは、近未来の先進自動車における人とクルマのふれあいを紹介。音声認識や視覚効果によるガイダンスを組み合わせたクラウドとつながる「コネクティッドボード」や、指によるジェスチャーでクルマとつながる「ステアリングジェスチャーインターフェイス」、走行シーンに応じて切り替わる多機能な「ドライビングボード」を展示する。

最新技術体感ゾーンでは、入力の多様化、コネクティッド、高度安全支援に対応した最新技術を紹介。新型レクサス『LS』にも搭載されているコンフォート&セーフティシートベルトや電子ミラーシステム、バーチャルキーを使ったシェアリングサービスなどを展示する。

主要製品展示ゾーンでは、プッシュスタートスイッチやステアリングスイッチ、アウターミラーなど、LSに搭載されている最新製品のほか、ヒーターコントロールスイッチやスマートキー、シートベルトなど、快適・安心・安全を支える各種製品を紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集