【東京モーターショー2017】オムロン、車両周辺を高精度に計測できる3Dライダーを開発

自動車 ニューモデル モーターショー

オムロンオートモーティブエレクトロニクスは、車の周囲の状況を高精度に計測できる3D-LIDAR(3Dライダー)を開発したと発表した。一般道や市街地での自動運転車向けに2020年の量産開始を目指す。

車の前方検知用センサーとして主流となっているカメラやミリ波レーダーは、天候や検出物体の性質の影響を受けやすく、ポールや縁石など障害物の多い一般道や市街地での自動運転の実現には、車の周辺状況を高精度に検知できるLIDARセンサーの併用が不可欠とされている。

今回、赤外線レーザーを水平方向にスキャンし、縦方向に分割した多分割受光素子で受光することで、広い視野角と高解像度を実現した3D-LIDARを開発した。30m先にある縁石や段差など、高さ10cm程度の障害物を高精度に計測できる。

自動車メーカーがこの3D-LIDARを使用することで、これまで検出が難しかった低背の障害物も計測し、安全な走行ルートを決定できるシステムの開発が可能となる。また、3D-LIDARを車両の周囲4カ所に取り付け、計測結果を統合・分析することで、車両の周囲360度にいる歩行者や、四輪車、二輪車、縁石などの物体を認識することが可能となるとしている。

今回開発した3D-LIDARは10月25日から始まる東京モーターショー2017に出展する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集