【東京モーターショー2017】日本特殊陶業、次世代バッテリーなど「未来のクルマ」に貢献する製品を展示予定

自動車 ニューモデル モーターショー

日本特殊陶業 ブースイメージ
  • 日本特殊陶業 ブースイメージ
日本特殊陶業は、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に出展する。

日本特殊陶業は、「未来をひらき、動かすチカラ」をブーステーマに「現在のクルマ」の高効率化、エミッション低減に貢献する製品、さらに、長年の歴史で培ったセラミックス技術を活用し「未来のクルマ」に貢献する製品や技術を紹介する。

ブースでは、透過型モニターを用い、製品と映像を組み合わせた展示で燃費・環境性能の向上に貢献するスパークプラグやグロープラグ、排気酸素センサなどの製品を分かりやすく説明する。また、電気自動車の次世代バッテリーとして開発を進める「全固体電池」を展示。さらに、完全自動運転や高度道路交通システムなど、将来の大容量データ通信を支える「高周波用途多層LTCC」など、最新の技術を紹介する。

さらに、NGKスパークプラグの広告キャラクターを務める佐藤琢磨選手がインディ500を制した際の貴重なレーシングギアも同時に展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集