【CES 2018】リンスピード、完全自動運転EV提案…ボディ載せ替え可能

エコカー EV

リンスピード スナップ
  • リンスピード スナップ
スイスのリンスピード社は2018年1月、米国ラスベガスで開催されるCES2018において、コンセプトカーの『スナップ』を初公開する。

リンスピードは、フランク・M. リンダークネヒト氏が1977年、スイスに設立したエンジニアリング会社。主に、ドイツ車のチューニングを手がける。スイスで開催されるジュネーブモーターショーでは毎回、斬新なコンセプトカーを出品し、注目を集めてきた。

CES2018で初公開予定のスナップは、未来の完全自動運転車を提案するEVコンセプトカー。リンスピードといえば、テスラやBMWのEVをベースに、コンセプトカーを製作することが多かったが、今回のスナップはオリジナルデザイン。

スナップの最大の特徴は、シャシーからボディが脱着できる設計となっており、用途に合わせてボディを載せ替えられる点。例えば、荷物を運ぶなら商用トラックボディ、人が乗るなら乗用ボディなどがある。乗用ボディは、オフィスとして地面に置いて使うことも想定する。

また、スナップでは、シャシーに摩耗や経年変化の影響を受けやすいコンポーネントや、データ処理に関する技術を集約。ボディには、経年変化の影響が少なく、長期的に使用できるIT部品などを搭載している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集