セブンイレブン、EV配送車を12月18日より導入開始…来夏までに25台を配備

エコカー EV

セブンイレブンと三菱ふそうトラック・バスは、セブンイレブンの商品配送車に、日本初となる「EV配送車」を12月18日より順次導入すると発表した。

導入するのは、三菱ふそうのEV小型トラック『eキャンター』。2018年夏までに東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の8か所に計25台の導入を完了する計画だ。量産化された小型EVトラックとしての導入は日本初の取り組み。また電気式冷蔵機(東プレ製)を搭載した冷蔵のEVトラックとしては世界初の取り組みとなる。

今回導入するeキャンターは車両総重量7.5トンクラス、1.5時間(直流急速充電)/11時間(単相200V)の充電で航続距離は100km以上。電気駆動システムには、最高出力135kW、最大トルク390Nmを発生するモーターと、高電圧リチウムイオンバッテリーパックを6個搭載。従来のディーゼル車と比較して、走行1万kmあたり、最大13万円のコスト削減を実現する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集