【東京モーターショー2017】クラリオン、車載用カラーナイトビジョンカメラを開発

自動車 ニューモデル モーターショー

車載用カラーナイトビジョン(試作品)
  • 車載用カラーナイトビジョン(試作品)
  • カメラ映像の比較(カラーカメラ)
  • カメラ映像の比較(カラーナイトビジョンカメラ)
  • 暗所での比較(カラーカメラ)
  • 暗所での比較(カラーナイトビジョンカメラ)
クラリオンは夜間の視認性を大幅に向上する車載用カラーナイトビジョンカメラを開発、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に参考出品する。

今回開発したカラーナイトビジョンカメラは、近赤外感度を持つCMOSカラーセンサを採用。可視光によるカラー映像と近赤外線による白黒映像を独自開発の画像処理装置「ISP(Image Signal Processor)」により合成することで、昼夜を問わずカラーの映像表示を実現する。肉眼では視認困難な暗所も表示できるため、夜間運転の視認性を大幅に向上。また、物体認識機能を持つECUを一体化しながら、ルームミラーの裏側に配置できる小型化を実現した。

近赤外投光器の光は人の目には見えないため、前方車や対向車、対面歩行者に眩惑を与えることなく、ヘッドライトがロービームのままでハイビーム相当の対象物検知を行うことができる。また先進のカラー化技術により、既存の遠赤外線カメラやモノクロナイトビジョンカメラ、カラーカメラと比較して認識対象が拡大。先進運転支援システム(ADAS)の機能として必須となる、人、自転車、車、車線、標識、信号機などの認識対象を広げることで、自動ブレーキをはじめとした車両制御など、様々なアプリケーションに適用できる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集