マツダファンフェスタ、ルマン参戦2台によるランデブーデモラン 12月2-3日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

マツダファンフェスタ
  • マツダファンフェスタ
  • マツダ 787B(1991年 ルマン24時間レース優勝車 55号車)
  • マツダ 767B(1989年 ルマン24時間レース参戦車 202号車)
  • マツダファンフェスタ
  • マツダファンフェスタ
  • マツダファンフェスタ
  • マツダファンフェスタ
  • マツダファンフェスタ
国内最大級、年に一度のマツダファンの祭典「マツダファンフェスタ 2017」が12月2日(土)・3日(日)の2日間、岡山国際サーキットで開催される。

今年の注目は、同イベント初となる「マツダ 787B(1991年 ルマン24時間レース優勝車 55号車)」と「マツダ 767B(1989年 ルマン24時間レース参戦車 202号車)」の2台によるランデブーデモラン。また、世界初の量産ロータリーエンジンモデル「コスモスポーツ」生誕50周年を記念し、初日の土曜日には来場したすべてのロータリー車でサーキットを埋め尽くす記念パレードランも予定されている。

2日目の日曜日には、マツダのクルマづくりへのこだわりや造り手と直接触れ合える体験の場「Be a driver. Experience ゾーン」をミニコースに設置。マツダのモノ造り展示・体験や歴史の紹介、人馬一体の走行チャレンジゲームなど、 マツダ社員とファンが交流できる企画が多数用意されている。

そのほか、往年の名車から最新モデルまでの歴代レーシングカーによるデモランをはじめ、オーナーズクラブごとのパレードラン、タイムアタック「MFCT」や燃費耐久レース「マツ耐」などの参加型競技、トークショーやライブなどのステージイベント、自動車関連のブース出展も多数あり、内容盛りだくさんのイベントとなる。

入場前売券は土日通し3240円で11月2日より販売開始。パドックフリーで、中学生以下は保護者同伴で入場無料となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集