【リコール】アウディ Q3、四輪駆動コントロールユニットなどのプログラムに不具合

自動車 テクノロジー 安全

アウディ Q3(2016年)
  • アウディ Q3(2016年)
  • 改善箇所
アウディジャパンは10月18日、『Q3』などのゲートウェイ・オンボードサプライ・四輪駆動の各コントロールユニットのプログラムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『Q3 2.0 TFSI quattro 132kw』『Q3 2.0 TFSI quattro 162kw』『Q3 1.4 TFSI』『RS Q3』の4車種で2015年3月28日~2016年10月29日に輸入された3763台。

ゲートウェイコントロールユニットについては、緊急ブレーキを作動させた際、制動信号がボディコントロールモジュールに送信されず、ブレーキランプが点灯しない。そのため、保安基準第12条に適合しない。

オンボードサプライコントロールユニットについては、LED式の前面灯火器装着車において、車幅灯が点灯状態でウインカーおよびハザードを作動させた際、車幅灯が点滅する。そのため、保安基準第34条に適合しない。

四輪駆動コントロールユニットについては、滑りやすい路面等で走行した際、後軸への駆動力の分配が適切に行われないことがある。そのため、駆動力が前軸に多く分配され、前輪が空転するおそれがある。

改善措置として、全車両、各コントロールユニットのプログラムを変更する。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報により届け出た。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集