【東京モーターショー2017】トヨタの豊田章男社長が会長代行に…無資格者の完成検査問題で

自動車 ニューモデル モーターショー

東京モーターショー2017会場の東京ビッグサイト
  • 東京モーターショー2017会場の東京ビッグサイト
  • 自工会の豊田章男筆頭副会長(トヨタ自動車社長)
日本自動車工業会(JAMA)は10日の会長声明で、10月25日から開催の「東京モーターショー2017」の会長代行を立てることを公表した。

JAMA会長の西川廣人日産自動車社長に代わり、同筆頭副会長の豊田章男トヨタ自動車社長が務める。この代行はモーターショーに限定したもの。

西川会長は声明の中で「(開催に向けて)今後さらなる盛り上げを図っていくことを最優先とするため、日本自動車工業会の副会長の皆様と相談させていただき」お願いしたと、経緯を説明した。

西川会長が社長兼最高経営責任者を務める日産自動車で、無資格者が完成検査を行っていた問題が発覚した。国土交通省は9月18日に、日産に対し立入検査を実施。同社に対して事実関係を調査し、1か月を目途に調査結果と再発防止策を報告するよう求めている。西川氏は10月2日の会見でこの調査には1か月ほどかかると話し、東京モーターショーの開催期間に重なる可能性がある。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集